2017-09

一気にセダン - 2017.09.01 Fri

8月いっぱいはセダンの試乗をしました。
乗ったのはアテンザ、カムリ、マークX、アコード、スカイライン(gt-200)です。
それぞれ良い所と悪い所があり、なかなか面白い比較ができました。
今すぐ買う訳ではありませんが、2〜3年後にはいずれかを買う可能性は高いです。

マークXは前回の記事の通り。
少し辛めに書きましたが、細かい所に目を瞑れば及第点。
燃費はあまり良くない上にハイオクで、足踏みパーキングブレーキがよろしくない。
絶望的なのはダッシュボードの高さで、前方視界は最低です。
足回りやエンジンはなかなか良いと思います。

20170901030853ddc.jpeg
スカイラインはベンツのエンジン搭載モデルで、巷の評判程悪くありません。
さすがターボだけあって加速は十分で、スポーツモードではかなり速いです。
ただ、そこまで加速は求めてないし、外観の割に車内は狭め。
そしてやっぱり足踏みパーキングブレーキが気に入らない。
燃費も悪い上にハイオクで、現代のセダンとしての存在意義を見出せません。
ツメの甘さが少し目立つかな?という印象。

アテンザは、あの安さは凄いですね。
インテリアは安っぽい所もありますが、実際安いので文句はありません。
ガソリン車を選んでますが、トルクの細さも気になります。
デザイン優先な為に後方視界は最悪。
トランスミッションとブレーキのマッチングも悪く、停車に気を使います。
巷での評判は良いですが、やはりツメの甘さが目立つ車です。

アコードハイブリッドは素晴らしいですね。
ホンダなのにエンジンは脇役でモーター中心!画期的過ぎます!
しかもモーターでの走行に違和感がなく、トルクも十分あるので加速感も良い。
足回りは上の3台とほぼ同じ程度に固めですが、最も上質で収束も良く頼れます。
モーター中心なので燃費は驚異的で、ほとんどEV車!国内最高レベル!
インテリアも高く、ツインモニターも非常に有用です。
ウインカーを付けるとその方向の視界がモニターに映るので非常に安全!
最近のクーペっぽいスタイルではなく、従来のセダンらしいスタイリングも好印象。
少しスポーティなエクステリアと、狭いトランクが残念かな。全体的にデカイし。
概ね、非常に素晴らしい車です!

20170901031107ca3.jpeg
カムリはさすがに気に入らない所がほとんどない、素晴らしい出来栄えです。
何よりも低いダッシュボード!この前方視界は特筆ものです!
そしてその、低くデザインされたインパネの攻めたデザインセンス!
シフトの短さと扱い易さに加え、その後ろの肘部分の収納の開け閉めにも高いセンス!
ペダル類の位置も横視界も素晴らしく、運転の際のストレス要素を排除しています。
加速はそこそこで十分。足回りは悪くないですが、ダンパーの収束は安っぽい。
しかし乗り心地は割と良く、ロール制御はしっかり効いています。
ステアリングの重さは私としては丁度良い重さ。
エクステリアもスタイリッシュでスポーツクーペ並み。
燃費はアコード程ではないものの、ハイブリッドらしい高いレベルです。
エンジンが安っぽい…との声もありますが、レギュラーガソリンですからね。
むしろ凄い仕上がりと言うべきです。
インテリアの安っぽさを指摘する声もありますが、質感を上げれば重量増です。
そこ、考えてね。
ただ、最上級グレード以外売る気がないグレード展開には共感できません。
デカイのも少し困るかな。
しかし、どの車よりも今一番の候補になっています。
全てが非常に高いレベルでバランスしていて、今の時代に適合した最高のセダンです。

あとは、9月のタイプRを待つばかりですね。

マークX - 2017.08.25 Fri

マークXを試乗してきました。
以前ヨソのディーラーで試乗車がなく、お店の人が乗ってるマークXを見てみましたが、その時の印象はイマイチでした。大きいアルテッツァかな…
何よりスロットルレスポンスが悪く、コレでスポーツセダンはねーだろ…って印象。
その際は2.5リッターだし、人様の車なのであまりシゲシゲ見れず。

で、今回はしっかり試乗。3.5リッターの黒(ソリッド)でした。
このエンジンはクラウンと同じです。
つーか、マークXはクラウンベースですからね。
20170825013937fce.jpeg

走る時のスロットルレスポンスと停車時のスロットルレスポンスは違う場合があるので、走って印象確認しましたが、違和感って程の遅さではないかな?
オートマならこんなもんでしょ。
エンジンの印象は良いです。FD2みたいなド級スポーツじゃないので研ぎ澄まされた感じは全くなく、ググっと穏やかだけど力強く加速する感じ。
なので低速走行でもストレスになりません。

脚も意外に悪くありません。固いですが、適度なスポーツ走行に適した固さ。
初期は早めに動き、そこから先は踏ん張る印象。
バネレはそこそこでダンパーが固いのか、そういう感触です。
段差のキツいコンビニに入る時はドカ!っときそうです。
コーナリング姿勢も良く、意外と安っぽい動きはしません。
ステアリングレスポンスも適度です。重さも適度。
良いですが、研ぎ澄まされてはいません。街乗りでイキって走るに丁度良い感じ。

インテリアはイマイチですね、やっぱ。
特にダッシュボードが高過ぎて、前方視界は最悪です。
コレが全てを台無しにしています。
前方視界が悪いと運転が怖いだけでなく、助手席も不安になります。
このダッシュボードは非常にクソですね!

剛性もまずまず。
概ね、「適度」とか「まずまず」とかが付いて回る車ですね。
中途半端感は否めない。
こういう中途半端な車、嫌いじゃないんですけどね。
運転はラクだし、ゆったりも速くも走れる車ですが、ダッシュボードで全てNG。
勿体無い車ですね。
因みにパーキングブレーキはまさかのフットペダルでした。
スポーツセダンとは呼べませんね…

迷い - 2017.08.23 Wed

あと約1カ月でFK8型シビックタイプRが販売されます。
もはや完売状態でもう買えないそうですが…

この車に関しては、サイドブレーキを廃止して電子ブレーキにしてしまった…という、前代未聞のマヌケ仕様が気に入らないのですが、最も気になる車である事に違いなし。
ま、どうせ完売じゃ買えませんが…
シビックと考えなければ違和感なし。タイプRと考えなければ全然あり。

車を買うとしても、直近で2年後の予定。
今はその頃までにどんな車が良いか…模索している状況です。
というのも、その頃私は47〜48。それでも走りの車に乗るのか?
今、ぼちぼち仕事帰りの運転に疲れ始めてる状況…
今の段階で既に、悠々自適にセダンでラクに走りたい…
前に車がいる事を許せない車には疲れて来たし、我慢しながら6MTな車を3〜4速でチンタラ走るのも相当なストレスになっている。。。
でも楽しい車も他に沢山あるし、セダンが一番候補だけど、我が家の前の小道を考えればアクセラ辺りがベターである事は明らかだし…
困ってます。。。

まぁ、それでも本命はカムリとFK8の2台でしょうね。
次期アテンザも非常に気になりますが。

一方、アウディのディーラーにも行って来ました。
アウディは…車はさぞかし良いのでしょうが、営業マンは最低でしたね。
国産車を上から目線でディスってばっか。お前、何人だよ?
アウディは、買えるとしても生涯買う事はないでしょう。

ときに。
FK8が出るに辺り、「俺たちが欲しいのはこんな車じゃねえ!」「NAで軽量なシビックを出せ!」なんて声が多いですが…
多分、もう二度と出ませんよ。無理でしょ?
そんな車を作れる環境に日本は今、ないでしょ?
それなら輸入車って事で売った方が規制も緩和されるでしょ?
輸入車なら、向こうの車事情に合わせて作られるのは当然でしょ?

無理を知らずに言うのはマヌケだし、知って言うのは無謀だし。
そんな夢、もう日本にはありません。
つーか、どうせ買わないんでしょ?SUV買うんでしょ?
売れなきゃ作らないでしょ、慈善事業じゃねーし。

アコード - 2017.08.21 Mon

でも、今日はホンダディーラーへ行ってきました。
マイチェン後のアコードを見たいな〜と思いまして。
マイチェン前は見ていて、歴代アコードと考えなければ悪くないな…と思ってました。
マイチェン後は到底マイチェンとは思えぬ変更なので、興味あります。
しかし実車がたまたま今日だけなくて、残念ながら見れませんでした。

201708221132473c9.jpeg
現行アコードはハイブリッドですが、ほぼEVと言える仕様です。
2モーター1エンジンな仕様ですが、モーター1つは駆動用。
もう一つのモーターはエンジンと共に発電用となります。
エンジンも主に発電が中心で、一定の速度と踏力以降でエンジンによる走行になります。
なので、街乗りでの大半はモーターでの走行となります。
エンジン走行は、高速での合流などでしょう。
エンジンのホンダ!と言われ続けていただけに、強烈な革新です。
もっともホンダは発電機もやってますからね。
エンジン開発を応用して発電機を開発していた、更にその応用って事になります。
非常に興味深いバックボーンを持つハイブリッド車と言えます。

それだけに、バッテリー容量は今の時代にあってもかなり大きくせざるえ得ず、トランク容量は狭いです。マイチェン前よりはバッテリーも小型化しているようで、トランク容量も増えてはいるようですが、カムリ等と比べると半分程度。

でもそこがアコードのトピックになります。
セダンなので何人か載せる事が多いと思いますが、基本的にはやはりドライバー本人が乗る時間の方が圧倒的に多い。だとすれば必ずしも荷物が多いとも限らない。
バッテリー容量を多くして走りと燃費に貢献するとあれば、それは非常にホンダらしいドライバー視点によるキャラクターと言えます。
ほぼEVなアコードとしては、ここが最大公約数だと言えるでしょう。

外観は、まぁまぁ…悪くないのでは?
高級車とは違いますが趣はあるし、女性的なカムリとは対照的に割と男性的。
少し古いデザインに感じますが、オーソドックスなセダンも嫌いじゃない。
インテリアも意外とまとまっていて、センターコンソールにはナビの他にもう一つ、ディスプレイがあります。
バックモニターや右左折時の視界をカメラにより表示したり、ナビが略表示されたりします。
これがなかなか安全性抜群で、他の車に乗るとヘタクソになってしまいそうです。
ボタンシフトは…運転してみないとわかりませんが…

後は運転してみないとわかりません。
ホンダなので足回りと剛性は悪くないはず。
ほぼEVなのに普通なハイブリッドと同じレベルの重量だし、トランク容量だけ我慢できれば大いに選択肢に入るセダンだと思います。

因みに…
頼んでもないのにタイプRのカタログ渡されました。。。
やめて…元々そっち側の人間なんだから…
201708221132466e3.jpeg

こじ付け変化 - 2017.08.21 Mon

自動車メーカーは時代に対して、どこを変えてどこを維持するかにセンスの違いが出ると思います。企業ですからね。遊びじゃないので本気で仕掛けてきますが。
そこが上手いメーカーと下手なメーカーは、やっぱりあると思います。

マツダとスバルは非常に上手いと私は思います。
同社で往年の人気車を上手にモデルチェンジし、現代に至ります。
廃止された車もありますが、継続されたモデルには概ね納得できる物が多い。

トヨタもまずまず上手に思えます。
クラウン等は非常に上手く進化してきているし…良し悪しは別ですよ?
一方ヴィッツは迷走気味に感じます。可愛かったエクステリアが突然普通で退屈になったり、また可愛くなったけどスポーツグレードがなかったり。
でも、車格を大幅に変えないので差別化は出来ている印象。

クソ程ヘタクソなのがホンダです。どうしたの?シビック…
恐らく迷走のきっかけは、フィットのデビューです。
あれは元来シビックが担うべきポジション。トヨタのヴィッツに対抗すべくフィットが登場しましたが、それにより従来モデルの位置が微妙になったのでは。
そしてインテグラが廃止。アコードはレジェンド並みに高級化。
本来アコードが担うべきポジションに、新型シビックがあるのでは?
そして本来インテグラタイプRが担うべきポジションに、新型シビックタイプR。

そこに無理して名前をこじ付けるから、反感を買うのでは?
「これのどこがシビックだよ!」って。
更にタイプRブランドへの拘りも捨てられず、ターボモデルをタイプRと名乗る。
ターボ化には大いに賛成だし、変化は素晴らしいと思いますが、世間の感覚とズレ過ぎているのが問題なんだと思えてなりません。
私のFD2はアコードユーロRよりデカイ。
コレをシビックと名乗るホンダのセンスの無さは絶望的です。
もしかしたら、「おー!変わったね!」と言う人もいるでしょうが。
どう考えても全くの別な車過ぎる。
実際に一度メンテに出した際、見積もりには「インテグラタイプR」と書かれてました。

そう言えば先代タイプRはフィットベースでした…
フィットタイプRだろ…それ…
VTEC乗りとしては、今のホンダはちょっと色々アレに感じてしまいます。
新型NSXも…どうしちゃったの…?Xファクター時代のアイアンメイデン並みな黒歴史でしょ…

そうそう!B型のVTECからK型VTECになった時の変化は見事でした!
排気量こそ違いましたが、NAにとって理想と言える2リッターになり、エンジン性能は殊更レーシングカーと同じレベルに引き上げられていました。
まさに歴史に残る名作です!
こういうのを変化と呼ぶんでしょ?こじ付けは求められてないと思いますよ?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

.

(経歴)
<ギター塾> 埼玉県所沢市/個人レッスン
定期 月5,000円(月内4時間解消制)
(1日1時間を4回、1日2時間を2回等)
単発(ビジター) 1回2,500円(60分)
年会費¥5000

<<<お問合せ>>>

DEC8

Author:DEC8


fc2ブログ記事をご覧になりたい方は、
お気軽に申請して下さい♪

.

カテゴリ

未分類 (7)
音楽 (8)
ギター (36)
りら (0)
RC (0)
風刺 (1)
車 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-