2017-09

まごう事なきデジタル・DS-1X - 2017.09.14 Thu

BOSSのDS-1Xを試奏しました。感触は、DA-2の後継モデルですね。
もう少しgainが上がり、セッティングに対するトータル制御が強くなっています。

まず、ローゲインだと歪みの質がマイルド気味になります。
歪みの加減により、恐らく3段階程度のgainステージを設けています。

gainを上げればそのまま歪みが上がるのではなく、gainの数値的なイメージ…
ツマミの位置イメージと言うべきですかね。
そのイメージに合う歪みの質に変化していきます。
その変化加減が割と自然なのでバレにくいと思います。
しかも、gainを単純に上げれば歪みの質は予想を超えて変化するのが普通ですが、DS-1Xは歪みの質…というか、このまま上げればこういう歪みのハズ…という、本来の変化とは違う単純なイメージの方を重要視した味付けになっているように思います。
なので、実際は歪みの質は変化しているが、ギタリストが都合良くイメージしてる方向へ変化するのでバレにくい…という味付けです。

ハイゲインにすると一気にドーパミン注入!って感じで歪みが上がります。
HR-HMに好都合な、固めドンシャリな歪みです。
でもDA-2を踏襲しているので、低音弦も高音弦も満遍なくスムーズな音になります。
更に分離が素晴らしく、凡そロック程度なら何の問題もありません。
よくsus4でも分離良く…なんて言いますが、sus4なんかそこらのウンコディストーションでも十分に分離しますがな…下手すりゃファズでも出るわ、sus4なんて…
そんな低い次元じゃなく、mM7みたいな強烈なコードでも分離します。
7b13のようなオルタードテンションもバッチリ出ます。ハイゲインで。
ドリームシアターのコピーバンドなんかには最適ですね。
コレはちょっと異常ですね。ただ、DA-2の方がもう少し分離してた気が…
歪みがそこまで高くなかったからそう思うだけか?

ギタリストが、「こういう音になったら嫌だな…」と思うポイントを熟知してて、そうならないよう制御しているインテリジェンスなディストーションです。
変な味付けがない…と評価されていますが、全く逆。
車で言えば、電子デバイスの塊です。つまり完全なデジタルです。
それでも意外に評価が高いのは、如何に事前情報に左右されてるか…って事ですね。
そして、さすがギターエフェクターのトップブランド!とも言える味付けです。

でもな…
ちょっと固くてクールに感じるかなぁ…個人的には。
凄く使い易いけど、新品買って満足できるかは自信ないかも。。。
でも、あると絶対便利です。

RED/トーン - 2017.08.19 Sat

エフェクターはマルチもマルチストンプも積極的に使います。
勿論、普通のストンプも使います。

メインのマルチはG5nで、メインのエフェボはHT-DUALを組み込んだボードですが、今回は小規模エフェボに組んでたレクティークのREDをメインに組み込んでみました。
20170819045120e1e.jpeg

このエフェクターは歪み系で、クリーンから軽めのディストーションまでイケるGAIN幅の広いオーバードライブです。しかもLEDクリップ仕様!
LEDならではのバイト感も少しあって、ちょっと便利な奴です。
Low-cutツマミがあるので、ブーミーにする事もサッパリさせる事もできます。
フュージョンっぽいコンプトーションも、OCDみたいな少し潰れた感じもできる!
分離も良くサスティーンも伸びるので、何故コイツをメインに組まなかったのか…
我ながら痴呆気味でガッカリです。

歪み系エフェクターを使うとたまに、本物のアンプっぽい歪み!とか言いますが…
本物…知ってんのかなぁ…?
弾いてるのは、プリント基板なアンプなんじゃないすか?
本当に本物なアンプって、一生に一度弾けないかもしれないレベルなんだけど。

ギタリストはそういう事に拘る人が多いけど、良いギターの音が先で、良い音楽の為のギターの音って考えは希薄な人が多い気がします。
自分の「トーン」を持ってるギタリストは優秀ですが、人様の「トーン」に合わせられるギタリストになる事も、私は大事だと思います。
メタルだったら話しは別ですが、ジャンル広めな人なら当然のスキルですよね。

いや…でも…
ぶっちゃけ、今一緒に演奏している面子で、自分自身が一番スキルあるかも…って状態なら、自分自身のトーンを貫いて良いと思います。
悪い言い方ですよ、悪い言い方ですけど…
低い方に合わせるのも間違ってると思うので。
そこは、俺に合わせろ!でも良いと思います。責任をもって。

エレアコじゃない方がイケる! - 2017.08.16 Wed

アコギを使う際、レコーディングやライブでの使用を考えるとエレアコを選択するケースが多いと思いますが…ピエゾの音って嫌ですよねぇ。。。
中にはピエゾの嫌味をほとんど感じない、優れたエレアコも多くあります。
値段は高い方が良いとは思いますが、割と安価でもラインナップはあります。

私は最近ギターのメンテの仕事もしているのでそういう竿に出会える事も多々ありますが、探すとなると少々難しくなりますよね。
なので、ZOOMのエレアコエフェクターで対処するのもアリだと思います。
アレならショボいピエゾでもかなりの音に仕上げる事ができます。
でも私としてはエレアコなんか選ばないで、普通のアコギをオススメします。

アコギでライブをやるなら、P.Uを装着すれば事足ります。
最近はホール内部に弧を描くように取り付けるタイプもあります。
ラベリアマイクと併用するのもアリでしょう。

レコーディングなら、ただコンデンサマイクを立てれば十分です。
¥3000程度の激安でも、十分良い音で録音できます。

コレはサムソンのC05で録音したテイクです。バッキングもリードも同じマイクです。
コンデンサマイクの場合は、高域の処理と雑音対策必要になります。
低域は狙ってる程は録れないケースが多いです。


一方コチラはラベリアマイクを使用。JTSのCM201か?激安を使いました。
コチラの方が弦の情報量が多く、リアル感を得られます。
ですが空気感に欠け、カタく、低域処理も大胆に行う必要があります。
更にボディに指が当たった際のヒットノイズや、弦移動する際のストリングノイズも非常に敏感に拾ってしまう為、演奏には注意が必要です。
ラージフラムやハンドベルタイプ程、雑音対策に神経を注ぐ必要はありません。

レコーディングではラージフラムとラベリアを両立するのが良いでしょうね。
例えばラージフラムで7割、ラベリアで3割とミキシングする等。
また、動画のように演奏するスタイルに合わせてマイクを選ぶのもアリです。
最初の動画ではコードストロークとリードが多いので、ストリングノイズを嫌ってハンドベルタイプを選びました。
次の歌アリでは、アルペジオがメインで弦の情報量を出したいのと、弦移動があまり多くないのでラベリアマイクを選びました。
面倒なので、いずれも1本のマイクのみ使用しましたが。
それでも、楽曲意図は十分に出せていると思います。

ちなみに歌アリの方はピエゾで録音した事もありますが。。。(察して

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

.

(経歴)
<ギター塾> 埼玉県所沢市/個人レッスン
定期 月5,000円(月内4時間解消制)
(1日1時間を4回、1日2時間を2回等)
単発(ビジター) 1回2,500円(60分)
年会費¥5000

<<<お問合せ>>>

DEC8

Author:DEC8


fc2ブログ記事をご覧になりたい方は、
お気軽に申請して下さい♪

.

カテゴリ

未分類 (7)
音楽 (8)
ギター (36)
りら (0)
RC (0)
風刺 (1)
車 (11)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-